疲れ目・眼精疲労でお困りのあなたへ

疲れ目・眼精疲労により目が疲れているとアクセスして頂いたあなたへ
最初に読んでおいて頂きたいページです。


疲れ目・眼精疲労と視力の関係

疲れ目、眼精疲労を予防するめがねとは

眼精疲労予防めがねを上手に使うと、VDT症候群、疲れ目、眼精疲労をかなり軽減することができます。
眼精疲労を予防するには、目の調節疲労による疲れ目、眩しさ、目の乾きから起こるドライアイ、
とそれぞれ症状に合わせためがねを選ぶことが大切になってきます。
たとえ同じ疲れ目・眼精疲労であっても、原因が違うとそれぞれの対策も違ってくるからです。

詳しくは→眼精疲労防止めがね


疲れ目・眼精疲労を予防する

目に優しい照明とは

疲れ目、眼精疲労にならないためには、目に優しい照明を使って目への負担を軽くすることです。
ちらつきのまったくない明かりで、疲れ目を防ぐ効果が高まります。
グレアを防止する照明を使うと、眩しさからくる眼精疲労が軽減されます。

詳しくは→目に優しい照明


目に優しいモニタで疲れ目を軽減

今見ている液晶モニター画面、購入時の設定のまま使っていませんか?
液晶モニターの輝度は、眩しすぎるほどの明るい画面で出荷されています。
そのまま使っていると、眩しさから疲れ目・眼精疲労になります。
輝度の明るい液晶画面では、どうして目が疲れるのでしょうか?
それはモニター画面と周囲との明暗差で、目に負担がかかるからです。
画面を低輝度にして周囲との明暗差を小さくすることで、眼精疲労が防止できます。

詳しくは→目に優しいパソコンモニター・液晶ディスプレイ


疲れ目・眼精疲労をケアする

超音波治療器について

疲れ目、眼精疲労が軽減できるとして、超音波治療器があります。
超音波治療器の原理は、目の周囲を超音波によってマッサージを行うことで、目の周囲の筋肉のコリを解消したり、血行が改善されるこで、目の疲れや眼精疲労が軽減されるようです。
慢性化する前の段階である、仮性近視であれば、効果が期待できそうです。

詳しくは→超音波治療器


目の健康を保つ

目を酷使する人にはルテイン

ルテインとは、600種類以上知られているカロテノイドの一つで、目の網膜の黄斑部や水晶体に含まれます。
黄斑部と水晶体に存在するルテインとゼアキサンチンは、太陽や蛍光灯の光から目の組織がダメージを受けないよう、波長の短い紫外線や青い光を吸収して目の組織を守ってます。
ルテインには直接には疲れ目・眼精疲労を軽減する効果は認められませんが、大切な目を守るに必要な栄養素です。
これから起こる加齢による目の病気を予防するために、摂取するようにします。

詳しくは→ルテインの含有量


新着記事


最近更新された記事