コンタクトでパソコン作業

長時間パソコンなどの画面に向かって作業(VDT作業といいます)をしている場合、 画面を見つめ続けていることにより、まばたきが減少します。 目の表面にある涙は、まばたきをすることで潤っています。 まばたきが少なくなると、涙の補給が間に合わなくなって、 ドライ アイが発症する恐れがあるのです。 コンタクトレンズを装着すると、常に目に異物があることに目が慣れてしまい、 涙の分泌量が減ってきます。 特にソフトコンタクトレンズでは、コンタクトレンズが水を吸水して、 レンズ表面から涙を蒸発させてしまいます。 コンタクトレンズの装着も、ドライアイが発症しやすくなる原因になるのです。 ドライアイを予防するためには、 パソコン作業時にできるだけコンタクトレンズを使わないことをおすすめします。 視力矯正にはメガネを使うことで、目の渇きを防ぐことができるからです。 そうは言ってもなかなかコンタクトを外すことが、難しいのが実情だと思います。 そこでパソコン作業でもドライアイになりにくい、 素材がシリコーンハイドロゲルでできたシリコーンハイドロゲルコンタクトレンズについて 紹介したいと思います。 ソフトコンタクトレンズ使用した時の目の乾燥は、レンズ素材の含水率とレンズの厚さに影響されます。 含水率が高くて薄いレンズでは、目が乾燥しやすくなります。 含水率が低くて厚いレンズでは乾燥が少ないですが、装着感が劣ります。 しかも酸素の透過率も悪くなり、長時間の装着に問題があります。 しかしシリコーンハイドロゲルコンタクトレンズでは、低含水率でありながら、 高酸素透過性のために、薄型のデザインであっても、目の乾燥の軽減が実現されています。 シリコーンハイドロゲルコンタクトレンズは 従来のコンタクトレンズと比べて含水率が低くなっているので、 レンズ表面からの涙の蒸発を抑えて乾燥に強くなります。 ただしシリコーンハイドロゲルのコンタクトには注意しなければいけないことがあります。 化粧品や顔の脂などがコンタクトに付きやすくとても汚れやすいのです。 脂質の汚れは、消毒液につけておくだけでは落ちてくれません。 必ずこすり洗いを行いきれいに落とします。 VDT作業中にパソコンの画面がかすんで困っている方で、 従来のコンタクトレンズを使用中であれば、 シリコーンハイドロゲルのコンタクトレンズを検討されてみてはいかがでしょうか。

参考資料

関連記事

パソコンめがねコンタクトとメガネの使い分けコンタクトレンズとドライアイ

コンタクトでパソコン作業” に対して 3 件のコメントがあります

この投稿はコメントできません。