コンタクトレンズとドライアイ

コンタクトレンズを使うとドライアイに

残念なことでが、コンタクトレンズを使うと、通常よりドライアイになりやすくなります。 これからコンタクトレンズの使用を検討されている場合は、 ドライアイにならないように十分に注意します。 コンタクトレンズについて・購入ガイド

ハードよりソフトコンタクトレンズがドライアイに・・・

なおソフトコンタクトレンズは、ハードコンタクトレンズに比べて ドライアイになりやすいのでより注意が必要です。 ソフトコンタクトレンズの素材には、多くの水分である涙が吸水されます。 このため角膜の上にレンズを載せると、目の表面の涙を吸い取ってしまいます。 それは濡れたテーブル上に雑巾を置くと、雑巾がテーブル上の水分を吸い取って、 テーブル表面が渇いていくのと同じ現象です。 それに雑巾の表面からも、吸水した水分が蒸発するので、 さらに周囲の水分である涙を吸い取ってしまいます。 このためソフトコンタクトレンズを装着すると、ドライアイになりやすくなります。

ハードコンタクトレンズでは・・・

ハードコンタクトレンズの場合は、硬くて水分を含まない素材だから、 ドライアイになりにくそうに思えます。 しかし実はそうでもないのです。 ハードレンズの場合は、涙の分泌量が減ってしまうことが原因で ドライアイになりやすくなります。 通常の状態では、目に異物が入れば、反射で涙が分泌され、異物を洗い流します。 ところがハードコンタクトレンズを装着した状態では、 目はだんだんと異物であるハードコンタクトレンズの刺激に鈍感になっていきます。 刺激になれることで、だんだんと涙の分泌量が少なくなってしまうのです。 ハードコンタクトレンズの場合はソフトコンタクトレンズとは別の理由で ドライアイになりやすいのです。

コンタクトレンズでドライアイにならないために

結局ソフトレンズでもハードレンズでもコンタクトレンズを使うことによって、 通常よりドライアイになりやすくなります。 コンタクトレンズを使う場合はドライアイにならないように十分なケアを行います。

関連記事

ドライアイコンタクトと目薬人工涙液コンタクトでパソコン作業コンタクトとメガネの使い分け

コンタクトレンズとドライアイ” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。