パソコンめがね(眼鏡)の度数

はじめは検索エンジンで来られた方への案内です。 めがね(眼鏡)の度数については、「メガネの度数」、 レンズデータついては、「度数・ディオプトリーについて」と「眼鏡処方箋について」、 老眼鏡の説明は「老眼鏡の度数について」がお探しの情報ではないでしょうか?

パソコンめがね(眼鏡)とは

めがね(眼鏡)の最適な度数は、見る距離によって変わります。 パソコンめがねとは、30cmから60cm程度の距離にある、 モニタ画面を見る時に、目の調節力をほとんど使わなくて済むように 度数を矯正するめがね(眼鏡)のことです。 パソコンめがねを使うと、 ほとんどピント合わせをしなくとも見えるようになるので、 調節性眼精疲労が大きく軽減されるのです。 もう少し具体的に説明すると、 パソコンめがねを使うと、弱い近視の目の状態と同じになります。 遠くはぼけて見えますが、50cm程度の距離にあるモニタ画面は、 ピント調節することもなく、はっきりと見えるようになります。

メガネを掛けていない方(正視、または遠視でも調節力のある場合)

パソコンなどのモニター画面を長時間見続けていると、 目は近くを見るために、ピント調節力をずっと使い続けます。 この時の疲れ目が調節性眼精疲労です。 疲れ目と眼精疲労 以降は「パソコンめがねの適正度数」に限定した説明になります。 パソコンの画面を見続ける作業は、目の調節力を最も酷使します。 若い時は平気ですが、年を重ねるにつれて眼精疲労が酷くなります。 30才台であれば、まだ老眼でもないのに、 メガネ(眼鏡)を使うことに抵抗があるかと思います。 しかし目のピントを調節する筋肉の衰えは確実に始まっています。 疲れ目は老眼のサイン? 最初は+0.5D(度数の単位)のレンズでメガネを掛けると かなり快適に見えるようになる方がほとんどです。 度数・ディオプトリーについて メガネのアスリー(+0.5Dが選べます) パソコンめがねの適正度数についてですが、 まずは使ってみて見え方の体験を自身で行うことをお薦めします。 +0.5Dで見え方に違和感がある場合は+0.25Dに下げます。 +0.5Dでは疲れを感じる場合は+0.75D~+1.0Dと度数を上げていきます。 ごく軽い度数【+0.75】を使ったメガネ一覧 度数【+1.00】のグラス一覧 +1.0Dで累進近近レンズのパソコンめがね

遠視でメガネを使っている方

パソコンめがねでは、現在お使いの遠視用のメガネより、 強い度数のレンズになります。 ただし使用しているメガネが完全矯正されている場合です。 使用中のめがねに+0.5D(2段)を足したレンズが、 パソコンめがねの度数の目安になります。 見え方に違和感を感じるようでしたら、1段度数を下げて+0.25Dにします。 遠視用メガネが充実しているイーメガネ 2800円から買える遠視メガネ

近視でメガネを使っている方

使用している近視用のメガネより弱い度数にします。 近視用のメガネは遠くが良く見えるように調整されているからです。 パソコンめがねではモニタ画面付近がはっきり見えるように矯正するイメージです。 弱い近視で40歳未満の方のであれば、-0.75D(3段)程度弱い度数にします。 (例.-3.0の度数であれば-2.25D) 強い近視か50歳以上であれば -1.0D以上の弱い度数にします (例.-5.0Dの度数であれば-4.0D) 3800円メガネセット:イーメガネ(近視・遠視の度数が自由に選べます)

最後に

パソコンめがねは微妙な度数設定が必要です。 度数が弱すぎても強すぎても効果が薄れてしまいます。 使うモニタ画面までの距離の違いでも度数が変わります。 だからお店任せにしていては、なかなか自分にぴったりの パソコンめがねはできません。 どの程度の度数がぴったりかは自分でいろいろと体験していくことで 分かってくるようになります。 ぴったりのパソコンめがねを使えば、 長時間のパソコン作業が楽にできるようになります。 楽天市場・眼鏡店一覧

おまけ(私の場合)

私はメガネを掛けない40歳後半の男性です。 パソコン作業で目の調節力を酷使します。 裸眼視力は0.8程度(両眼)です。普段はメガネを使いませんが、 車を運転する時だけ標識がよく見えるので、弱い近視用メガネを使います。 度数はたぶん-0.5D~-1.0Dでしょうか。 かなり昔に作ったのではっきりしません。 老眼も始まっていて、読書する時は目が楽になるので 老眼鏡(+1.0D)を使い始めています。 「パソコンめがね」として最初は+1.0Dを購入しました。 しかし度が強すぎてモニタ画面がボケて使えませんでした。 (今は老眼鏡として使っています) 度数【+1.00】のグラス一覧 次に買ったのが、2段落とした+0.5Dです。 調子良く見えたのですが、左目の方に若干疲れ目が残りました。 メガネのアスリー(+0.5Dが選べます) そこで左目を1段上げて+0.75Dにすることに。 現在使っている「パソコンめがね」の度数は、右+0.5D、左+0.75Dです。 モニタ画面までの距離は50~60cmです。 ごく軽い度数【+0.75】を使ったメガネ一覧 現在も仕事で朝から晩までパソコンで作業しています。 「パソコンめがね」を使うようになって、 ようやく「調節性眼精疲労」から解放されました(^_^)

関連記事

パソコンめがねメガネの度数めがねの過矯正眼鏡処方箋について度数・ディオプトリーについて老眼鏡の度数について