メガネの度数

はじめは検索エンジンで来られた方への案内です。 近視・遠視・老眼における、レンズについては「度数・ディオプトリーについて」、 めがねの度数が合わない時は、「めがねの過矯正」、 老眼鏡は「老眼鏡の度数について」がお探しの情報ではないでしょうか?

度数と視力の関係

めがねの度数視力検査で測る1.0などの視力値からは決められません。 視力とは、ランドルト環などを用いて、2点が離れていることを見分けられる、 最小の角度を測っています。 めがねの度数とは、レンズの強さを表しています。 度数が大きいほど、より強いレンズとなります。 簡単に説明すると、視力とは小さい物を見分ける能力のことであり、 度数とは、目の焦点のズレを直すのに必要なレンズの強さです。 めがねコンタクトレンズを作成する時の検眼では、 目の焦点のズレを測定して、レンズの度数を決めています。

度数が調節できるメガネ

【ADLENS EMERGENSEE】アドレンズエマージェンシー

めがねの度数のよって改善できること

メガネの度数は眼鏡処方箋に書かれています。 眼鏡処方箋に中にあるディオプトリー(D)とあるのがメガネの度数です。 メガネもしくはコンタクトレンズを使うことで良く見えるようになるのは、 目の焦点がずれていることが原因で、よく見えていない場合です。 近視、遠視、老眼、乱視は、メガネ・コンタクトレンズで矯正することで よく見えるようになります。 中程度の度数までは、メガネで歪なく矯正することができます。 しかし度数が大きくなってくると、メガネでは歪が大きくなってきます。 コンタクトレンズであれば、歪なく矯正することができます。 強い近視はめがねよりコンタクト ところで目の焦点がずれていること以外の原因で見辛くっなっている場合は、 残念ですが、メガネレンズで矯正しても視力が回復することはありません。

実用度数と完全矯正

めがねの度数による矯正では、 実用度数を採用する場合と完全矯正を採用する場合があります。 普通は掛けて違和感がないように、実用度数でメガネを作成します。 ところがメガネを作成するときに、 よく見えるようにと完全矯正で作成されることがあります。 たしかに完全矯正で作成した方が良く見えるので、 使いやすいメガネになるはずです。 ところが見え方に違和感が発生して、 頭痛や肩こりになる場合があります。 メガネで矯正する前は、 無意識に脳が矯正処理を行っていたことが原因のようです。 メガネで完全矯正してしまうと、 脳内矯正によって見え方に違和感が発生します。 そこで脳内矯正が行われても違和感が出ないように、 完全矯正値よりは、若干弱めの実用度数でメガネを作成します。 多くの場合、実用度数で作成したメガネの方が使いやすくなるようです。

関連記事

めがねの過矯正眼鏡処方箋について度数・ディオプトリーについてパソコンめがね(眼鏡)の度数老眼鏡の度数について