メガネの洗浄について

メガネクロスやメガネ拭きを使う

めがねのレンズが汚れた時に、メガネクロス(メガネ拭き)などを使っていないでしょう? メガネクロスで拭く方法はお手軽ですが、レンズに傷が付きやすい欠点があります。 レンズに付着した砂には、二酸化ケイ素を主成分とする水晶と同じ硬度を持ち、 レンズクロスなどでゴシゴシと拭くと簡単にレンズに傷がつきます。 めがねは目の近く、顔に装着する器具です。 顔の油脂はめがねに近く、すぐに付着して汚します。 高性能なトレシーなど使用すると油脂を落とすことはできますが、 頻繁に洗濯しないと、付着した油脂に砂などが混じってレンズを 傷つけることがあります。 メガネ拭きのランキングによると、ペーパータイプのレンズクリーナーの 人気が高いようです。 使い捨てなので、いつでも清潔な状態で使うことができます。

中性洗剤で洗浄する

眼鏡を長く大切に使い続けるには、メガネを洗浄する方法をお薦めします。 メガネを洗浄するといっても、特別な洗剤でなくとも、中性洗剤(キッチン用)でできます。 但し洗濯用洗剤(アルカリ性)は使わないで下さい。 レンズのコーティングやフレームが痛む恐れがあるからです。 くれぐれも風呂場で身体を洗うついでにメガネを洗うことはしないで下さい。 石鹸はアルカリ性なのでレンズのコーティングを傷めてしまうので使えません。 必ず中性洗剤(たとえば台所で使うママレモンなど)を使います。 めがねを洗う前には、洗剤を使って手の油汚れをきれいに落としてから始めます。

メガネ専用洗剤を使う

いちいち中性を薄めて使うのが面倒な場合は、 ソフト99コーポレーションという会社がメガネのシャンプーを出しています。 シュシュっとスプレーして水で流して拭くだけで綺麗になります。 スプレーすると泡で包まれるので簡単にメガネを洗うことができます。 洗剤を洗い流す場合は必ず水を使います。 特にプラスティックのレンズの場合は変形の恐れがあるのでお湯は厳禁です。 洗った後はレンズ面を下に向けて置くことはしないで下さい。 レンズに傷がついてしまいます。 自然乾燥では跡が残ってしまいます。 必ず清潔なティシュペーパー等で水気を拭き取るようにします。

メガネ洗浄器を使う

眼鏡店などに置いているメガネ洗浄器を使います。 ちょっとした汚れであれば、水でも落ちますが 中性洗剤かメガネ洗浄液を使えば、油分を含んだ汚れも 落とすことができます。 詳しい内容については→超音波洗浄でメガネがピカピカ、超音波洗浄器について

関連記事

超音波洗浄でメガネがピカピカ、超音波洗浄器について洗眼(目の洗浄)