ルーペ・拡大鏡を使う

ルーペ・拡大鏡とは

ルーペ、日本語では拡大鏡や虫眼鏡とも言われるように、 対象物を大きく見せて見やすくします。 凸レンズもしくはフレネルレンズで像を拡大します。 子供の頃に虫めがねで太陽光を集めて紙を焦がして遊んだりしました。 手で持って自由に動かすことのできる手持ち式ルーペや 顔ないし頭部に固定して使うヘッドルーペの形態があります。 倍率が高くなると視野が狭くなります。 20倍を超える倍率を必要とする場合は、顕微鏡が最適です。 倍率が低い方が目への負担が少なくなります。 目の疲れ・眼精疲労にならないために、 最適な倍率のルーペを選ぶようにしましょう。

ルーペと老眼鏡の違い

ルーペは拡大鏡とも言われるように像を大きくすることで、 見えやすくなります。 老眼鏡はピント合わせができなくなっている視力を矯正して、 ピントが合うことで見えるようになります。 どちらも細かい文字を読むのを助けてくれますが、機能が違っています。 一言で説明すると、小さくて見づらい場合はルーペ、 ボケて見づらい時は老眼鏡になります。 老眼である場合は、老眼鏡とルーペを併用するとよく見えるようになります。

両眼でみる(ペアルーペ)

少し変わったルーペとして両眼で見るタイプでペアルーペがあります。 テレビ画面を大きく見せたり、メガネのように掛ける使用します。

ルーペを作っているメーカー

ルーペを製作しているメーカーです。 国内と海外があります。 主に光学メーカーです。 国内メーカー 海外メーカー

ルーペを扱う店舗・モール

ルーペ・拡大鏡を主に扱う店舗・モールになります。

関連記事

老眼チェック老眼(老視)初期のメガネについて老眼鏡の度数について度数・ディオプトリーについて