乱視チェック

乱視表でチェック

乱視をチェックするには、一般に乱視表を用いて乱視を検出します。 いわゆる自覚的屈折検査です。 答える側が正確に乱視を検査する人に伝えないと、正確な検査ができません。 しかし答え方をイマイチ理解しにくいのが欠点です。 メガネ、眼鏡を作る時に乱視表を見せられて、乱視チェックすると思いますが、 うまく答えることができますか? 乱視検出のため乱視表を用いるのは、初歩的な乱視の検査法ですが、 正確な検査をするのは、なかなかうまく難しいのではないでしょうか。

クロスシリンダー

乱視表より便利な検査方法として、クロスシリンダーを用いた検査があります。 特に斜乱視とかは便利です。 乱視はよく物が二重に見えるとか言いますが、 いつも二重に見えているのではありません。 見る距離によって、二重に見えたり、見えなかったりします。

乱視の自己チェック

簡単な乱視の自己チェック法は、 視力検査で用いるランドルト環のCの見え方を自己チェックします。 視力検査の時は3mとかの決められた距離から見て検査しますが、 乱視チェックでは、前後に動いて見て、 Cが上下左右にずれて二重に見えることがないか調べてみます。 もし乱視があるようでしたら、距離が変われば見え方が変わってきます。

関連記事

乱視度数を測定してから老眼鏡を買う

乱視チェック” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。