度数・ディオプトリーについて

本文を始めるに前に、検索エンジンで来られた方へ案内です。 めがねの度数については、「メガネの度数」、 レンズデータついては、「眼鏡処方箋について」、 老眼鏡は「老眼鏡の度数について」になります。

ディオプトリーとは

一般に裸眼視力と言えば、0.2とか1.0と視力検査で測定した値を 思い浮かべると思います。 メガネコンタクトレンズを作る場合に必要とする裸眼視力の値は、 -2Dとか+2Dとレンズの度数で表します。 Dとはレンズの度数の単位のことでディオプトリーもしくはディオプトリと読みます。 ディオプトリーとは、焦点距離1m(100cm)のレンズの度数を1Dと決めて, 焦点距離の逆数で表したものです。 焦点距離が短いほどディオプトリーの数値は大きくなり, 焦点距離が長いほど小さく なります。 焦点距離が50cmなら2D,25cmなら4D, また2mなら0.5D,4mなら0.25Dとなります。

ディオプトリーにはプラスとマイナスがある

近視の矯正には凹レンズを使います。 凹レンズの度数であるディオプトリーはマイナスで表示されます。 遠視老眼の補正には凸レンズを使います。 凸レンズの度数であるディオプトリーはプラスで表示されます。 近視・遠視・老視ともに、 レンズのの度数(ディオプトリー)は0.25D刻みで用意されます。 たとえば現在3Dのレンズを装着していて、 一段弱い度数のレンズは2.75D、 一段強い度数のレンズは3.25Dとなります。

近視・遠視のディオプトリー値

+2D~+1Dは遠視 +1D~-1Dは正視 -1D~-3D以下は軽度近視 -3D~-6Dは中度近視 -6D~-9Dは強度近視 -9Dを超えると最強度近視 これも目安ですが、-2Dの近視であれば 2Dとは焦点距離の逆数から、100cm/2=50cmとなります。 Dはマイナスなので凹レンズになります。 裸眼であればおおよそ50cmより遠いところはぼけて見えにくくなります。 室内であれば、裸眼でもなんとか不自由なく過ごせる軽度近視です。

老眼のディオプトリー値

老眼の場合の目安として +1.0D~+1.5D     40~45歳 +1.5D~+2.0D     45~50歳 +2.0D~+2.5D     50~55歳 +2.5D~+3.0D     55~70歳 こちらも目安ですが、+2Dの老眼鏡であれば 2Dとは焦点距離の逆数から、100cm/2=50cmとなります。 Dはプラスなので凸レンズになります。 30cmの距離で読書をするのであれば、 裸眼で少なくとも80cmが見えている必要があります。 +2Dの矯正によって80cmに合っていた焦点が30cmに移動するからです。 ただし、これではきりぎりの状態なので、 この場合は調節力によって変わりますが、 +2.5Dか+3D位が適正な老眼鏡となります。

ディオプトリーの測定

なお手持ちのめがねのレンズの度数が分からない場合ですが、 眼鏡店に持っていけば測定してくれます。 その気になれば、自分で測定することも可能です。 レンズメータを使ってレンズの曲率から計算で求めます。 デジタル方式のレンズメータを使うと測定が楽になります。

関連記事

パソコンめがね(眼鏡)の度数老眼鏡の度数について眼鏡処方箋について視力検査通販でめがねを購入度数を測定してから老眼鏡を買う