疲れ目は老眼のサイン?

30歳を過ぎた頃から、パソコンで作業すると目が疲れやすくなったと感じていませんか? 疲れ目の原因のひとつに、初期の老眼が関係しています。 若いころは目の調節力に余力があるので、遠くを見た後に近くを見ても、 すぐにピントを合わせることができます。 ところが加齢により老眼が始まると、水晶体の弾力性がだんだんと失われ、 水晶体を支える毛様体筋の筋力も衰えてきます。 若い頃に余裕があった目の調節力も限界に近づきます。 この頃には、遠くを見た後に近くを見た場合に ピントが合うまでに時間がかかるようになります。 老眼にはまだ10年以上も早い、 30歳を過ぎた頃からVDT作業などで老眼の影響が始まります。 加齢により固くなり始めた水晶体を厚く維持することが、 毛様体筋にとって大きな負荷になるからです。 VDT作業などでは、長時間ずっと毛様体筋には大きな負荷がかかり続けます。 そしてついには毛様体筋が、肩こりのようにこわばったままになります。 その影響で目の疲れや眼精疲労となるのです。 毛様体筋がこり固まると、ピントを合わるのに時間がかかるようになり、 その結果物を見るのが辛くなるのです。 一般に老眼を自覚するのは、新聞や本を読む場合の、 40cm程度の距離が見えづらくなってきてからです。 人によって多少の差はありますが、40歳を過ぎた頃から老眼は例外なく始まります。 弾力を失った水晶体を、毛様体筋ではもう厚くすることができなくなるからです。 手元付近がだんだんと見えづらくなって、この時にはじめて老眼を自覚します。 VDT作業では50~60cmの距離と、本を読むよりは少し遠い距離となります。 老眼が始まる前、もしくは老眼がはじまった頃では、 まだボケて見えづらいことはありません。 まだ目の調節力を使って見ることが可能だからです。 ただしもう調節する余力はあまり残ってはいません。 このまま長時間のVDT作業を続けていくと、 精一杯に水晶体を厚く支えていた毛様体筋が、ついには悲鳴をあげてしまいます。 初期の老眼(老視)のサインとして、疲れ目、眼精疲労の症状が出てくるのです。 ただし、これは初期の老眼であって、老眼が進行すると、 60cmの距離でもピントが合わなくなります。 加齢により水晶体の弾力は少しずつ失われていくのと同時に、 毛様体筋も衰えています。 老眼が始まる前の30歳台であっても、VDT作業をすると疲れ目に、 眼精疲労になるのです。 この疲れ目は老眼の始まりのサインであり、前兆現象でもあります。 このような加齢による調節性眼精疲労は、仕事の疲れがたまった夕方とか、 1週間分の疲れがたまってくる週末に多くなる傾向があります。 このことから、「夕方老眼」「週末老眼」など呼ばれることもあるようです。 加齢による調節性眼精疲労は、初期の老眼の前兆です。 この場合はパソコン作業専用のめがねを使うことで、 疲れ目を予防することができます。 パソコン作業専用のめがねについてはパソコンめがねで詳しく説明しています。 疲れ目を悪化させて酷い眼精疲労にならないためにも、 早めにパソコンめがねなどの対策で、目に疲れを溜めないようにします。 高級飾り七宝ファツションシニアグラス(老眼鏡)

関連記事

老眼(老視)初期のメガネについて度数を測定してから老眼鏡を買う遠視とメガネパソコンめがねパソコンめがね(眼鏡)の度数HOYAリマーク