老眼(老視)初期のメガネについて

初期の老眼(老視)で無理をすると

初期の老眼(老視)では、頑張ればまだ見ることができるので、 ついそのままにしてしまいます。 それに老眼鏡なんてカッコ悪いとつい見栄を張ってしまいます。 それに無理をして目を細めてがんばって見続けていると、 水晶体に圧力が掛かって変形してきます。 後天的な乱視になってしまうリスクもあるのです。

目の負担の軽減する老眼鏡

めがね(老眼鏡)を掛けることでで目の疲れが軽くなるです。 それは老眼鏡というのは、単焦点レンズの場合は凸レンズだからです。 凸レンズには焦点距離を縮める働きがあります。 近くを見るときは、毛様体筋が緊張することによって、 水晶体自体がもつ弾力性によって、水晶体が厚くなります。 つまり凸レンズの焦点距離が短くなります。 しかし老眼(正式には老視)が始まってくると水晶体の弾性が失われてくるので、 毛様体筋はより強く緊張しなければなりません。 これでは目が疲れて眼精疲労の原因になってしまいます。 老眼鏡の凸レンズの働きで焦点距離は縮まるので、 その分だけ水晶体を厚くしなくても済むようになります。 毛様体筋への負担も軽減できます。 これによって眼精疲労、つまり目の疲れが軽減できるのです。

疲れ目・眼精疲労予防の老眼鏡

眼精疲労、疲れ目予防目的で初めて掛ける老眼鏡は +0.25Dや+0.5Dあたりが良いのではないでしょうか。 眼鏡店で疲れ目予防用の老眼鏡を作ってくれと頼んでも なかなか通じない事が多いです。 眼鏡店にはあまり置いていない度数なので、 なかなか思い通りのメガネを作るのは難しいです。 私の場合は通販で+0.25Dと+0.5Dの老眼鏡を買い揃えました。

関連記事

疲れ目は老眼のサイン?老眼鏡の度数について度数を測定してから老眼鏡を買う遠視とメガネ眼精疲労防止めがねパソコンめがねパソコンめがね(眼鏡)の度数メガネの洗浄について