ストレスによる疲れ目

ストレスが疲れ目の原因!?

ちょっと意外な感じがしますが、ストレスが原因で疲れ目が発症することがあります。 強いストレスを受けた場合、口の中が渇いた経験はありませんか。 これはストレスにより自立神経のなかの交感神経が過敏な状態になり、 唾液の分泌が減少することで、口の中が渇きます。 同じように目もストレスによって涙の分泌が減少することで、 ドライアイによる疲れ目の症状が出てきます。 目の疲れ以外にも眠れない、頭痛、疲労感、肩こり等の 身体の不調を併発することもあります。

ストレスによる疲れ目を治すには

このタイプの疲れ目を治すには、 理想としてはストレスの元となっているものに直接働きかける 原因療法がもっとも効果があります。 たとえば無理をしないで積極的に休むことなどです。 それから一般によく言われていることですが、 ストレスには適度な運動と十分な睡眠を取ることで、 からだ全体のリフレッシュを心がけることです。

涙と疲れ目の関係

涙は自律神経と大きな関係があります。 悲しいときや嬉しいときにも涙を流したりします。 涙を流した後、気分がすっきりしたことはありませんか? 一説には涙を流すことでストレス物質を排出する役割があると言われています。 涙を流して泣きたいときは思いっきり泣くことも、 ストレス解消にも有効だと言われています。

ストレス解消で疲れ目を改善

間接的にストレスを解消する方法では、癒しグッズを利用します。 目の疲れに効果のある癒し法として、 リラックス効果のあるアロマが気分を落ち着かせてくれます。 ストレス性の目の疲れの場合は、肩こりなどが併発する場合が多くあります。 マッサージ器具などを使って身体にストレスが溜まらないようにします。 原因療法で対処することが理想ですが、 使える場面が限られてしまいまうのが、 実情ではないでしょうか。 原因療法が使えない場合は ストレスには直接働きかけない対症療法を行います。 ストレスによる疲れ目では、ドライアイへの対処療法を行います。 ドライアイ対策メガネに詳しい説明を書いています。

栄養バランス改善でストレス解消

ストレスによって身体の栄養のバランスが崩れている場合も多くあります。 栄養バランスの良い食生活を心がけるのはもちろんのこと、 目の健康維持に大切なビタミン群やミネラル類を豊富に含む食品を 積極的に取り入れることを心がけることが大切です。 食事で不足する場合はサプリメントを使って上手に補います。

ストレス解消には休むことがいちばん

慢性的な眼精疲労だと思っていたのに、 実は自律神経を十分に休ませてあげることで、 ストレスが解消されて目の疲れが取れることもよくあるのです。

ストレスによる疲れ目の関連記事

ホットアイマスクとピンホールアイマスクルテインの含有量

ストレスによる疲れ目” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。