レーシックと疲れ目

レーシックと過矯正

レーシックとは、自分の目そのものに施す矯正です。 めがねコンタクトレンズと同様に、 レーシックにより過矯正となり、疲れ目から眼精疲労になることがあります。 レーシックによってできるだけ良く見えるようにと、 1.5の視力にすると遠視化する恐れがあります。 レーシングドライバーやプロゴルファでは、 場合によっては2.0の視力が必要かもしれませんが、 一般の生活では、そこまでの視力は必要としないはずです。 むしろ近くを見る時に、目の負担が大きくなり、疲れ目になりやすくなります。

レーシック後の疲れ目・眼精疲労

特にレーシック術後に近くのものを長時間見るような仕事の場合、 たとえばパソコンや書類、精密機械の組み立てなどでは、 長い時間近くを見続けることになります。 レーシックの後は、水晶体周辺にある毛様体筋が、 今まで以上に働かせないと近くを見ることができなくなります。 それで疲れ目になりやすくなるのです。 また人の眼は、新しい環境に適合しようとして、 せっかくレーシックによって角膜を手術したのに、 生体反応によって矯正されたカーブを元に戻そうと働くことで、 曲率半径の変化がおきて、近視状態に戻る場合もあります。 これらの変化が起こらないよう、 レーシック術後は遠視用のメガネを着用して仕事を行うなどして 極力、角膜に負担がかからないように気をつけます。

関連記事

めがねの過矯正疲れ目チェック疲れ目と眼精疲労遠見視力と近見視力