目の病気

目の病気についての簡単な説明です。 目の病気の場合、進行してからは治すことは難しい事が多く、 他の病気以上に早期発見が大切です。 もしも目の病気が疑われる場合には、 早めに眼科で検診を受けるようにしてください。 少しでも早期発見に役に立てばと思います。

飛蚊症

飛蚊症(ひぶんしょう)とは、蚊が目の前を飛んでいるように、 浮遊物が視線といっしょに移動しているように見えます。 まばたきをしたり、目を洗浄したとしても消えてくれません。 浮遊物の形状には、蚊のような虫状だけでなく、糸くず、ごま、 煙のようなものがあります。 飛蚊症には特に問題のない生理的なものと病的なものがあります。 急に現れてきたり、浮遊物が最近増えたという場合は、 病気の兆候の可能性があるので、直ぐに眼科の検診を受けてください。

眼瞼痙攣

眼瞼痙攣(がんけんけいれん)とは、自分の意思とは関係なく、 眼輪筋に力が入ってしまう病気です。 主に中高年で、しかも女性の方に多く発症する傾向があります。 明るい場所での作業や精神的なストレスによって進行するので 該当する場合は特に注意します。 眼瞼痙攣になると、まぶしさを感じたり、 目がパチパチする症状がでてきます。 悪化すると明るい場所では目を開けられなくなります。

白内障

白内障(はくないしょう)とは目のレンズである水晶体が 変性して濁ってしまう病気です。 水晶体が濁ると、光が乱反射して視力が低下したり、 まぶしさを感じるようになります。 曇りガラスを通して外を見ているのと同じ状態です。 白内障の多くは老化現象として起こります。 老眼が始まる40歳台から白内障も始まります。

緑内障

緑内障(りょくないしょう)とは、視神経が障害を受けることにより、 視野異常や視野欠損が生じる病気です。 かつては眼の中の圧力である眼圧が高いことが原因と考えられていましたが、 現在は視神経乳頭の脆弱性が緑内障の原因として考えられています。 緑内障は視野が欠けていく病気ですが、 中心視野が侵されていない時期には視力が比較的良好です。 視野が急激に欠けて行く場合もあれば、ゆっくりと進行する場合もあります。 自分ではなかなか気付かずに、発見が遅れることがあり注意が必要です。 40歳を過ぎたら定期健診を受けて早期に発見することが大切です。 視野が欠けていないか時々自分でチェックすると早期発見できます。

糖尿病網膜症

糖尿病網膜症とは、糖尿病が原因で網膜に異常が生じる病気です。 糖尿病の三大合併症のひとつです。 日本の成人の中途失明の原因の第2位。 糖尿病網膜症は、 糖尿病になってから数年から10年以上経過してから発病します。 初期にはほとんど自覚がなく、 気付いた時には症状がかなり進行してしまっています。 血糖値コントロールとともに定期的な眼科検診が、 進行を抑え視力を守ることになります。

黄班変性症

黄班変性症(おうはんへんせいしょう)とは、 目の網膜の中心部である黄班に障害が起こります。 黄班は網膜の中でも、もっとも解像度の高い場所にあたります。 黄班に障害が起こると、視力が低下したり、物がゆがんで見えたりします。 文字を読むことも難しくなります。 60歳以上の男性に比較的多い疾患です。 治療が困難な病気なので早期発見、予防が大切です。

網膜剥離

網膜剥離(もうまくはくり)とは、網膜が眼球の内側から剥がれることで、 視力と視野を失う病気です。 網膜剥離の原因には、交通事故などの目に強い衝撃が加わることで、 網膜が剥がれてしまうことで起こります。 眼球の炎症や腫瘍などが原因で起こる場合もあります。 糖尿病や高血圧から発症するケースもあります。 中程度の近視(-3D以上)では正視に比べて 網膜剥離になりやすい傾向があります。 網膜剥離の発見が遅れたり、そのまま放置すると失明につながります。 飛蚊症が網膜剥離のサインになっている場合もあるので、 おかしいと思ったら直ぐに眼科で検査を受けてください。

シェーグレン症候群

シェーグレン症候群(しょうこうぐん)とは、 目だけでなく、口、鼻、皮膚などの分泌腺が犯されてしまい、 乾いてしまう病気です。 目が乾くだけでなく、口が渇く等、全身に症状がでます。 シェーグレン症候群は、免疫機構に狂いが生じる自己免疫疾患です。 目においては、涙腺が侵され、涙の分泌が少なくなってしまいます。 40歳以降の女性に発症する傾向がみられます。 口が渇く(ドライマウス)の症状がある場合は、シェーグレン症候群でないか、 眼科以外も受診してください。

アレルギー性結膜炎

アレルギー性結膜炎(けつまくえん)とは、ハウスダストや花粉などのアレルギー物質が、 目の粘膜である角膜に炎症を起こした状態です。 結膜は外からの刺激や異物にさらされやすい組織で、涙などでいつもぬれています。 ハウスダストや花粉などがくっつきやすく、アレルギーが起こりやすい部位です。 アレルギー性結膜炎では、目やまぶたがかゆくなります。 目をこすったり、かいたりしていると痛みが加わり、目がゴロゴロしてきます。 アレルギー疾患は目だけにとどまりません。 鼻炎と結膜炎が一緒に出ることもありますから、 おかしいと思った時には医師と相談することが大切です。

関連記事

糖尿病網膜症黄斑変性症飛蚊症(ひぶんしょう)

目の病気” に対して 2 件のコメントがあります

この投稿はコメントできません。