目の衰え(ぼやける、かすむ)

目がぼやける、かすむ

若い頃は平気だったのに、 最近目がぼやけるようになった、 かすむといった症状がありませんか? 以前は疲れ目を感じても少し休憩すればすぐに改善されたのに、 最近は目がぼやけるようになって見づらい。 目がかすむようになって、なかなか回復しないってことはないですか? 30歳を過ぎたあたりから、年とともに疲れ目が酷くなります。 40歳を過ぎると老眼も加わり、ますますぼやけたりかすんできます。

目の調節力の衰え

それは老化によって目の調節力が衰えてくるのが主な原因です。 年齢毎の目の調節力のおおよその目安を表にしてみました。 調節力とはピントを合わせる能力のことです。 数字が大きい程調節力があります。 75歳前後で調節力がゼロになってしまいます。 近点距離とは物がぼやけて見え始める距離です。 辞書を使い自分でも簡単に測ることができます。
年齢 調節力 近点距離
10歳 14D 7cm
20歳 10D 10cm
30歳 7D 14cm
35歳 5.5D 18cm
40歳 4.5D 22cm
45歳 3.5D 28cm
50歳 2.5D 40cm
55歳 1.5D 67cm
60歳 1.0D 100cm
65歳 0.5D 200cm
70歳 0.25D 400cm
75歳 0.0D ∞cm
子供が携帯ゲーム機で遊んでいる時、とても近い距離で画面を見ていませんか? 子供のうちは調節力がとても大きいので近くの画面であっても良く見えています。 表によると10歳であればだいたい7cmまでくっきりと見えているようです。 それが30歳になると14cm、40歳では22cmとだんだんと遠くなっていきます。 それだけ調節力の余裕が無くなってきます。 特に近点距離あたりを見る時は、目は調節力を限界いっぱいに使っているので、 特に疲れ目・眼精疲労になりやすくなります。 ノートパソコンとか読書する時はだいたい30~40cm、 ディスクトップパソコンであれば50~60cm位の距離で画面を見ています。 まだ近点距離までは余裕がありますが、年とともに調節力を余裕が少なくなります。 つまり加齢によってだんだんと疲れ目が酷くなっていくのです。 40歳を過ぎたあたりから初期の老眼が始まります。 近くの物がぼやけて見えづらくなります。 でも素直に老眼を認めたくはありませんよね。 私もそうでした。多少見えづらくても頑張ります。 これじゃ目がかすんで疲れ目になってしまいます。 疲れ目・眼精疲労の原因のひとつは加齢による目の衰え、 具体的には目の調節力の衰えによって起こります。

関連記事

疲れ目は老眼のサイン?老眼(老視)初期のメガネについて