糖尿病網膜症

糖尿病網膜症とは、糖尿病が原因で網膜に異常が生じる病気です。 糖尿病の三大合併症のひとつです。 日本の成人の中途失明の原因の第2位。 糖尿病網膜症で、社会生活全体に支障をきたす人が、年間 3,000人程度います。 『糖尿病で目が悪くなるなんて、知らなかった」ってことのないように! 糖尿病網膜症は、糖尿病になってから、血糖コントロールを十分しないまま放置していると、 7、8年から10年が経過すると、合併症として、じわりじわりと発症してきます。 かなり進行するまでは自覚症状がないこともあり、 まだ見えるから大丈夫であると自己判断はとても危険です。 網膜症が進行してくると、網膜に浮腫をおこしたり、 硝子体中に出血したりして、視力が低下します。 自覚的に見えにくくなってきた頃には、網膜症はかなり進行しています。 糖尿病の人は目の症状がなくても定期的に眼科を受診し、 眼底検査を受けるようにしましょう。 血糖値コントロールとともに定期的な眼科検診が、 進行を抑え視力を守ることになります。 網膜症がごく軽度の頃には、眼科医が行う治療はありません。 内科医の指示に従って  糖尿病のコントロール改善、 良好な状態の維持を心がけます。 治療方法は、レーザー光凝固術を行います。 硝子体出血や網膜剥離の手遅れ状態では、硝子体の手術をします。 注意する点は。糖尿病網膜症が見つかった時に、 急に厳格な血糖コントロールを始めると、 逆に網膜症を悪化させてしまう場合があります。 糖尿病の治療とともに、眼科での綿密なチェックも欠かせません!

関連記事

目の病気黄斑変性症

糖尿病網膜症” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。