飛蚊症(ひぶんしょう)

飛蚊症(ひぶんしょう)とは

飛蚊症とは目の内部を満たす硝子体が混濁することで見えます。 視界に糸くずや黒い影、蚊のようなものが見え、 視点を変えると、いっしょにそれが動きます。 明るい場所で、白いものを背景にした場合に、よく見えるようになります。 また眼精疲労や目が疲れた時に気付いたりします。 目の中を蚊が飛んでいるように見えることから、飛蚊症と呼んでいます。

飛蚊症の症状

飛蚊症の特徴は、目を動かすのといっしょに動きます。 同時に位置や形も少し変わります。 硝子体はほとんどが水分で、とても変形しやすいからです。 また糸くずやゴミのように見える影も真っ黒ではありません。 少しぼけたような影に見えます。 硝子体と網膜の間に少し距離があるからです。

飛蚊症に気づいた時は

飛蚊症には、とりあえず心配ない生理的飛蚊症と 病気の症状として起きる飛蚊症があります。 生理的飛蚊症の場合は、特に害はなく治療の必要もありません。 病気の症状として起きる飛蚊症には、網膜裂孔や網膜剥離、網膜の血管の病気、 ぶどう膜炎、眼球の感染症、硝子体出血などがあります。 飛蚊症の多くの場合は加齢によって発生する生理的飛蚊症でありますが、 はじめて飛蚊症を自覚したときには、 眼科で検査を受けて、その原因を調べるようにして下さい。 生理的飛蚊症であると分かっている場合でも、 飛蚊症が最近増えてきた等の自覚がある場合は、 新たに網膜剥離の初期症状や糖尿病網膜症の症状として 現れていることもあるので、眼科を受診して下さい。 なお強度の近視の人の場合は飛蚊症になりやすいと言われています。

飛蚊症対策製品一覧

関連記事

ルテインの含有量カシス(ブラックカラント・クロスグリ)ホットアイマスクとピンホールアイマスク