黄斑変性症

黄斑変性症という病名を聞いたことがありますか? 黄斑変性症は目の黄斑に起こる病気で 一番大切な視野の中心部が見えなくなります。 中心部だけ見えないのなら、なんとか見えるじゃないかと思うあなた、 試しに本などの印刷物を視野の中心部以外で読んでみてください。 見ることはできるけど文字として読むことはできませんよね。 これが黄斑変性症の怖いところです。 黄斑変性症とは、加齢によって網膜の中心部にある黄斑で障害が起こり、 目が見えにくくなる病気のことです。 欧米では失明原因の1位が黄斑変性症です。 日本では今まで少ないと言われていましたが、 最近は社会の高齢化と生活の欧米化により増加しています。 黄斑とは、網膜の中心部にある黄色の部位のことです。 黄斑部ではとても良い視力が得られています。 黄斑以外では文字すら識別することのできない視力しか得られません。 黄斑は小さな部位で すが、黄斑が障害を受けると視力が著しく低下して、 文字の識別が著しく困難になってしまいます。 加齢黄斑変性とは、年を取るとともに網膜色素上皮の下に老廃物が 蓄積していくことにより黄斑部が障害される病気です。 最近の研究でルテインが、加齢性黄斑変性症の予防に有効であるとの 論文がいくつか発表されています。 黄斑変性は主に加齢が原因で発病する病気といわれていますが、 若くても近視の強い人に発症した例があります。 特に強度の近視である場合には、自覚症状がないか 定期的にチェックするようにしましょう。 簡単なセルフチェックとして、エクセルなどの表がゆがんで見えないか、 視野の中心が欠けていないか、 または見えてはいるけどはっきり識別できないなどの 自覚症状がある場合はすぐに眼科検査を受けるようにして下さい。

関連記事

ルテインの含有量野菜粉末(ほうれん草)

黄斑変性症” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。