トレーニングで近視の視力を回復する方法について

疲れ目・眼精疲労の予防にもなる視力回復トレーニング

近視の視力を回復するトレーニング

初期の近視の段階であれば、メガネをかける前にすることがあります。 視力回復トレーニングを行うことで、視力が回復することが十分に期待できます。 また視力回復トレーニングは疲れ目・眼精疲労の予防効果も期待できます。 パソコンの画面を長時間見続けていたことで、 凝ってしまった眼筋を解すことができるからです。

覗くタイプの視力回復トレーニング機器一覧

双眼鏡や顕微鏡を覗き込むタイプの視力回復トレーニング機器です。 覗き込むことで、遠くを見たり近くを見たりするのと同じ眼筋運動を行います。 疲れ目や眼精疲労で凝り固まった眼筋を解す効果が期待されます。

疲れ目・眼精疲労の治療タイプ

視力回復トレーニングに眼精疲労治療器を加えたタイプです。 眼筋運動だけでなく、マッサージ効果が期待できます。

画像を見るタイプの視力回復トレーニング

本やテレビの画面の画像を見ることで、視力回復のトレーニングを行います。 近距離における、30cm視力や50cm視力回復の効果が期待されます。

視力回復トレーニング参考本・DVD

視力回復トレーニングの参考になる本・DVDです。 機械に頼ることなく、自分でできる眼筋運動のトレーニングなどの解説があります。

レーシックで視力を回復する

初期の近視であれば視力回復トレーニングで効果が期待できますが、 近視が進んでしまった場合は、レーシックで視力を回復する方法があります。 但し目にメスを入れることになります。 後で後悔しないために、評判の良い実績のある眼科を慎重に選びます。

関連記事