ケイエコライト(読書灯)

直流点灯でちらつきを防止

読書灯には、目に優しいディスクライトを選びたいものです。 なぜなら長時間ディスクワークを行っていると、 目が疲れて作業が困難になるからです。 読書灯のちらつき(フリッカー)は疲れ目の大きな原因です。 ちらつきがなくなれば、疲れ目が軽減され、 長時間のディスクワークも可能です。 ちらつきのない照明かどうかを見分ける方法、 それは直流点灯方式であるかをチェックします。

直流点灯方式の蛍光灯

栗原工業の「ケイエコライト」は蛍光灯ですが、直流で点灯します。 直流で蛍光灯を点灯させるのは、技術的にとても難しいことです。 ただ説明が難解なので、ここでの説明は省略します。 興味のある方はこちらのケイエコライトについての説明が参考になります。 直流点灯方式の蛍光灯は、主に工場の製造現場で使われています。 製品を目視検査するための照明です。 目が酷使される環境なので、目にやさしい明かりが必要とされているからです。 「ケイエコライト」はそこで使われている蛍光灯です。

ケイエコライトは調光機能付き

「ケイエコライト」にはもうひとつの利点があります。それは調光機能です。 液晶ディスプレイの周囲は500ルクスを超えないようにします。 液晶ディスプレイと周囲との明暗差を少なくすることが、 疲れ目防止のために有効だからです。 調光機能があれば500ルクスを超えないように、明るさ調節が可能です。 読書灯で疲れ目に効果的な明暗差を小さくできる調光機能がついてます。

蛍光灯は長寿命

ケイエコライトの蛍光灯は、ランプの寿命が7500時間と バイオライトミニクリプトン球より15倍も長持ちします。 発熱もかなり少なくなります。 交換用のランプも一般に売られている蛍光灯がそのまま使えるので安心です。 直流点灯式のちらつかない照明は、図面、読書、資料等の紙面を見る読書灯に最適です。 目に優しい照明は、疲れ目を軽減し長時間の作業に欠かせない明かりです。 蛍光灯タイプの読書灯、ケイエコライトはとてもお薦めです。

LEDタイプも追加

その後、LED照明のエル・エコライトが追加されています。 ケイエコライトと同様にちらつき防止の直流電源が採用されています。 LEDではまだ少ない面発光方式が採用されているために、 直接照射のLEDに比べてグレアが少なく、目に優しいLED照明となっています。

関連記事

ちらつきをなくす直流点灯目に優しい照明フィルターライトLED照明のちらつき(フリッカー)明るさ(照度)は300~500ルクス液晶フィルターで目を守る液晶保護フィルムを貼る