目の疲れ対策・パソコンモニター編

パソコンモニターは下向きで目の疲れを予防

パソコンのモニター画面の高さと向きは、 視線がやや下向きになるようにするのが、 目の疲れを予防するのに有効です。 机の奥に少し段があってやや下向きに設置できるパソコン机であれば 視線を下向きにすることができます。 パソコンデスクをお探しならこちら! 位置調節ができるモニタを使えば、高さ調節によって 目線が下になるように調節ができます。 また液晶ディスプレイはCRTに比べて軽いので、 モニターアームを使うと位置を目線より下に設置することができます。

下向き設置が目の疲れを予防できるわけ

ではなぜ、視線が下向きになるように設置することで 目の疲れが予防できるのでしょうか? モニターの位置が目線より下にあると、 まぶたを大きく開かなくても画面を見ることができます。 目を見開くために大きな力をかける必要がなくなります。 また目を見開かない分、涙が蒸発が押さえられて、ドライアイの予防になります。

パソコンと照明の関係で目の疲れを防ぐ対策

下向きに設置以外では、外光と照明の位置に気をつけます。 画面に映り込みがあると目が疲れます。 窓にカーテンを引いたり、映り込まないようにディスプレイの向きを 少し変えるなどします。 液晶ディスプレイは映り込みの少ないノングレアタイプにします。 机上の照明に、フィルターライトを使えば、眩しい反射グレアを防いでくれて、 とても見やすくなります。 周囲の明るさもディスプレイと明暗差が大きいと目が疲れます。 視線を移動する度に瞳孔を調節して、 目に入る光の量を調節しなければならないからです。 周囲が明るいとディスプレイ画面が見づらくないるので、 少し暗いかなぐらい(500ルクス以下)が最適です。 ディスプレイもまぶしくない程度に明るさを調節します。

パソコンの配置で目の疲れを防ぐ対策

ちょっと気づきにくことですが、キーボードとマウスを置く位置も重要です。 マウスの位置はキーボードの真横に置くのがベストです。 机が狭いからとマウスをキーボードの前に置いたりすると、 マウスを操作するたびに、姿勢を変えることになります。 比較的近い距離で画面に近づいたり、遠ざかったりするので、 目のピント調節に大きな負荷をかけてしまいます。 これも目の疲れの原因になります。 机が狭い場合は、テンキーを除いたキーボード等を使ってマウスを キーボードの真横に設置するようにして、視線の移動を最小限にします。

関連記事

目に優しいパソコンモニター・液晶ディスプレイ液晶フィルターで目を守る液晶保護フィルムを貼るドライアイフィルターライト目に優しい照明

目の疲れ対策・パソコンモニター編” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。