フィルターライト

グレアの少ないフィルターライト

3M フィルターライトの利点は、反射グレアが少なく、 疲れ目・眼精疲労の予防になることです。 目の疲れの原因の一つになっている、光源が書物等に当たって跳ね返ってくる 反射グレによるのまぶしさを フィルターライトでかなり抑えることができます。 3Mフィルターライトは、ランプからの光を特殊偏光フィルターを通すことで、 垂直に振動した光だけを透過させています。 水平に振動した光を取り除くことで、反射グレアを抑えます。 同時に特殊偏光フィルターを通ることで、明るくやわらかな光にも変化します。 直接光がやわらかくなることで、ランプからの直接光のまぶしさも抑えられます。 反射グレアが効果的に抑えられることで、目の疲れや不快感が軽減されます。 同時にコントラストも向上するので、とても見やすくなります。

直接グレアと反射グレア

目の疲れの原因のひとつに、照明によるグレアのまぶしさがあります。 グレアには直接グレアと反射グレア(間接グレア)があります。 直接グレアとは、光源からの直接目に届く光のまぶしさのことです。 反射グレアとは、光源からの光が物に反射されて目に届く光のまぶしさです。 直接グレアを防ぐには、視界に光源が入らないように、 照明を設置する位置で対応します。 しかしこれだけでは、間接グレアを防ぐ事は困難です。 間接グレアは光源が書物等に当たって跳ね返ってくる反射による まぶしさだからです。

偏光と照明

通常使う照明の光はあらゆる方向に、 無制御な光の波として放射されています。 光源から放射された光の波には、 主に垂直面に偏光された光と水平面に偏光された光に、 分けることができます。 垂直面に偏光された光は照明にとって好ましい光です。 なぜなら垂直に振動した光は物質に吸収されやすいからです。 その結果コントラストが上がり、質感が詳細によく見えて、色彩がアップします。 ところが水平面に偏光された光は、照明にとって好ましくありません。 水平に振動した光は、物質の表面で反射となりやすい光だからです。 物体からの反射光が増えると、色彩が弱まって見えるようになります。 結果としてコントラストも下がり、とても見づらくなります。 水平に振動した光は視覚にとって、邪魔な光なのです。

フィルターライトとは

間接グレアを効果的に防ぐ照明が、3M フィルターライトです。 フィルターライトを使うと、反射グレアが少なくなり、 結果として目の疲れが軽減されます。

関連記事

目に優しい照明ちらつきをなくす直流点灯ケイエコライト(読書灯)LED照明のちらつき(フリッカー)明るさ(照度)は300~500ルクス液晶フィルターで目を守る液晶保護フィルムを貼る