Amazon.co.jp ウィジェット










液晶フィルターで目を守る

明るいディスプレイは疲れ目になりやすい

今使っている液晶モニターの画面、明るくないですか?
明るい画面のままでは、とても目が疲れやすくなります。
目の負担がとっても大きいです。

輝度を下げると目に優しくなる

明るい画面では、どうして目が疲れるのでしょうか。
それはモニター画面と周囲との明暗差が大きくなるからです。
モニターの輝度(明るさ)を下げて周囲との明暗差を小さくすると、
まぶしさも軽減されて、目に優しくなります。
その結果、眼精疲労による目の疲れが防止できます。

低輝度モニターもしくは液晶フィルターを使う

疲れ目・眼精疲労を防止するには、画面の明るさを下げます。
ところが多くの液晶モニターでは、輝度を下げると画面が見にくくなってしまいます。
低輝度モードがサポートされたモニターであれば良いのですが、
そうでなければ液晶フィルターまたは液晶保護フィルムを使います。
液晶フィルターを使うと、見やすさを損なうことなく輝度を下げることができます。

目の疲れを軽減する液晶フィルター

目の疲れ・眼精疲労の予防がメインである液晶フィルターです。
パソコンフィルターまたはディスプレイフィルターと呼ばれることもあります。
なかでも光興業パソコンフィルターは、
長時間使用することになるプロの方々が愛用しています。

液晶フィルターで紫外線カット

目にとって有害な紫外線をカットすることで目を守ります。
LEDタイプの液晶ディスプレイでは、ほとんど紫外線を出しませんが、
一般に多く使われている冷陰極管タイプの液晶ディスプレイでは
若干の紫外線が出ています。
液晶フィルターを使うことで目に有害な紫外線をUVカットします。

液晶フィルターで機密情報を守る

個人情報を保護、のぞき見を防止する液晶フィルターです。
給与計算や人事関係のデータを表示する時の覗き見を防止に使用できます。
ネットブックなどを、屋外の電車の中なので使用する時、
隣の席からのぞき見されることを防ぎます。
機密データや重要情報を扱う場合は、
のぞき見防止液晶フィルターを使ってデータを保護します。

液晶フィルターで電磁波をカット

身体に悪影響を及ぼすと言われる電磁波は、
液晶フィルターにコーティングされた導電性透明金属膜でカットされます。
効果を確実に行うためにはアースに接続するようにします。
こうすることで同時に触ると不快な静電気を逃がすことができます。
ブラウン管から液晶ディスプレイになって、
電磁波と静電気の発生は少なくなりましたが、
静電気が溜まるとPCがデーターエラーなどで誤動作を起こす原因となります。
静電気を除去することで、PCの誤動作を未然に防止します。

液晶テレビ用液晶保護フィルター

液晶テレビの液晶画面も非常に薄いガラスでできています。
壊れやすい液晶画面を傷や衝撃から守ります。

パソコンメガネタイプ

最後におまけで、液晶画面を減光するのではなく、目の直前にフィルターをつけて
サングラスのようにして減光する、パソコンメガネタイプです。

液晶フィルターでは、
画面の前にフィルターを付けるのでディスプレイ画面だけが暗くなります。
パソコンメガネでは、
目の直前にフィルターを付けることになるので、明暗差を小さくすることは
できなくなりますが、明るすぎる画面を減光して、
コントラストが大きくなるので見やすくなります。

関連記事一覧

液晶保護フィルムを貼る
目に優しいパソコンモニター・液晶ディスプレイ
目に優しいFlexScanの低輝度モード
目の疲れ対策・パソコンモニター編