液晶保護フィルムを貼る

画面に直接貼る液晶保護フィルム

今までよく使われていた液晶フィルターは、 パソコンモニター画面の前面にに置いて目を守ります。 それに対して液晶保護フィルムは、 液晶画面に直接貼り付けて目の疲れ、眼精疲労を予防します。 パソコンモニターがブラウン管から液晶ディスプレイに置き換わってからは、 液晶フィルターよりも液晶保護フィルムの方が多くなりました。 液晶ディスプレイの画面は非常に薄いガラスでできています。 液晶保護フィルムを貼り付けることで、同時に画面を保護する効果があります。

目の疲れを軽減する液晶保護フィルム

目の疲れ・眼精疲労の予防がメインである液晶保護フィルムです。

反射をカットする液晶保護フィルム

液晶ディスプレイ画面からの反射をカットすることで、眩しいグレアを抑えます。 眩しさが軽減されることで疲れ目を防止します。 周囲が明るい環境の場合や、窓や照明の映り込みがある場合、特に有効です。 光沢液晶で映り込みが気になる場合、 反射を防止する液晶保護フィルムを貼り付けることで眩しい反射を防ぎます。

液晶を保護する液晶保護フィルム

液晶画面は薄いガラスでできているので、割れやすくとてもデリケートにできています。 ちょっと表面を触ると色が変化します。(壊れると困るので真似をしないでね) デリケートな液晶画面を守るのに液晶保護フィルターを使います。 液晶テレビ用の液晶保護フィルターのように無色透明で保護機能オンリーのタイプと 疲れ目を予防する機能に液晶を保護する機能を兼ね備えたタイプもあります。

光沢液晶フィルター

液晶表面に貼りつけて光沢液晶のようにします。 表面での光の拡散が抑えられて、 コントラストがはっきりした色鮮やかな画像になります。

液晶保護フィルムで紫外線カット

目にとって有害な紫外線を液晶保護フィルムでカットすることで目を守ります。 特にバックライトが冷陰極管タイプでは、弱いながらも紫外線がでています。 液晶保護フィルムを貼って紫外線をカットすることで目を守ります。

モバイル・携帯電話用液晶保護フィルム

モバイル機器であるスマートフォンやiPad,iPhoneでも液晶画面が使われています。 パソコンモニターの液晶画面よりガラス面は強化されていますが、 屋外で使われるために、傷が付いたり割れるトラブルが発生しやすくなります。 また覗かれることも多くなります。 液晶保護フィルムを貼ることで画面を保護したり、のぞき見を防止します。

液晶テレビ用液晶保護フィルム

液晶テレビの液晶画面も非常に薄いガラスでできています。 こちらは液晶保護フィルターのように、画面に直接貼るタイプではありません。 液晶フィルターと同じ使い方となります。

関連記事一覧

液晶フィルターで目を守る目に優しいパソコンモニター・液晶ディスプレイ目に優しいFlexScanの低輝度モード目の疲れ対策・パソコンモニター編