目に優しいパソコンモニター・液晶ディスプレイ

明るい画面では目が疲れる

今見ている液晶モニターの画面、購入時の設定のまま使っていませんか? 多くの液晶モニターは、輝度が明るい状態で出荷されています。 明るい画面は、目への負担が大きく疲れてしまいます。

液晶ディスプレイ(モニター)の輝度を下げると目に優しくなる

どうして明るい画面では目が疲れるか。 それはモニター画面と周囲との明暗差が大きくなるからです。 モニターの輝度(明るさ)を下げて周囲との明暗差を小さくすることで、 目に優しくなります。 その結果、眼精疲労を防止することができます。 画面の明るさを下げると、どうして目に優しくなるのでしょうか。 視線をモニター画面上と周囲との間を移動させるたびに、 目は瞳孔を調節して、入ってくる光の量を調節しています。 画面の明るさを下げると、瞳孔の調節が少なくて済むからです。

目に優しい液晶ディスプレイ(モニター)一覧

明暗差をなくし目の疲れを防ぐ

例えば原稿を見ながらパソコンで入力作業をする場合は、 モニター画面と原稿の間を、何回も視線を移動します。 目はその度に瞳の調節を繰り返し行います。 明るさの違いが大きい程、瞳の調節量も増大します。 これでは目は疲れてしまいます 腕の筋肉で例えれば、懸垂をやり続けていると同じです。

低輝度にすると目に優しい

目の疲れを防ぐには、画面と原稿の明るさの差を小さくすることです。 それにはモニター画面の輝度を落とすことで対応します。 ただ多少困ったことも起こります。 一般的なモニターでは、暗く設定すると画面が暗くつぶれて見づらくなってしまいます。

液晶フィルター・液晶保護フィルムで低輝度にする

現在使用中の液晶ディスプレイで低輝度にするには、 液晶フィルターもしくは液晶保護フィルムを使用します。 液晶フィルターには、低輝度で目を守る以外に、眩しい反射をカット、 目に有害な紫外線をカットする機能がついていたりもします。 詳しい内容は、「液晶フィルターで目を守る」で紹介しています。

低輝度モード液晶ディスプレイ(モニター)

ディスプレイ画面を暗くしても見やすい、とっても目に優しいモニターには、 「低輝度モード」がサポートされてます。 「低輝度モード」を備えた液晶モニターは、ナナオから発売されています。 ナナオは疲れ目対策にとても熱心なメーカーです。 CAD等プロの世界でよく使われています。 なかでも「FlexScan S2433W-Hicon(一覧)」という機種には、 目に優しい「低輝度モード」がサポートされています。 ナナオ以外のメーカーでは、三菱電機の「RDT221WH(BK)」が、 70cd/mとかなりの低輝度が使えます。 低輝度であっても階調を失わないように、 内部は12ビットで処理するように対策されています。

自動輝度調整で目に優しい

明暗差をなくす方法のひとつに、周囲の明るさの応じて 輝度を自動調整するタイプのモニターがあります。 LGエレクトロニクスの高機能液晶モニター「W53シリーズ」の W2453V-PFW2753V-PFでは、自動輝度調整がサポートされています。 昼間と夜の部屋の明るさの違いに対応して画面の明るさが変化します。 これで画面と部屋の明暗差を小さく保つことができるのです。

視野角が広いと目が疲れにくい

見る角度によって見え方が大きく変わると目に負担がかかります。 IPS型パネルやVA型パネルは一般的なTN型パネルに比べて視野角が広く、 見る角度が変わっても見え方の違いが少なくなります。

IPS液晶パネルを採用した液晶ディスプレイ

VA液晶パネルを採用した液晶ディスプレイ

非光沢(ノングレア)液晶で目に優しい

疲れ目・眼精疲労予防では、非光沢(ノングレア)タイプをお薦めします。 光沢(グレア)液晶ディスプレイは発色が綺麗でコントロールが高くクッキリと見えます。 ところが、反射グレアは目の疲れの原因となってしまいます。

応答速度が早く、残像が残らない

動画を見ない場合は関係ないのですが、 応答速度が遅い液晶ディスプレイ場合、 残像により物が二重に見えるので目が疲れます。

最後に

疲れ目を予防できるモニターとは、 暗い画面に設定しても黒くつぶない低輝度モードをサポートした、目に優しいモニターを選ぶことです。 部屋の明るさに反応して、輝度を自動調整してくれるタイプも目に優しいです。

関連記事

目に優しいFlexScanの低輝度モード液晶フィルターで目を守る液晶保護フィルムを貼る明るさ(照度)は300~500ルクス目の疲れ対策・パソコンモニター編