目に優しいFlexScanの低輝度モード

FlexScanの低輝度モード

FlexScan S2433W-Hicon(一覧)」は目への負担が大きいCAD作業や、 長時間の原稿入力作業に最適な液晶ディスプレイです。 調整範囲がとても広く、超低輝度から最大輝度まで破綻なく表示できます。 なかでも目に優しい超低輝度モードicon、まぶしさや目がチカチカする、 そのような症状の疲れ目の方にお薦めします。 ※廉価タイプとして21.5型ワイド液晶ディスプレイ「FlexScan EV2116Wicon(一覧)」と 23型ワイド液晶ディスプレイ「FlexScan EV2315Wicon(一覧)」が2011年11月に 発売されることになりました。

自動輝度調整

FlexScan S2433W-Hicon(一覧)」」は周囲の明るさを感知して、 モニター表示の輝度を最適に調整(自動調光機能icon)します。 周囲との明暗差を小さく保つことができるので、疲れ目軽減に有効です。 ただ輝度の自動調整や超低輝度モードは、 動画や静止画像を扱う作業には向いていません。 正確な色情報を表示することができないからです。 動画、静止画の表示には広帯域な色情報が扱える 「ColorEdge CG243Wicon(一覧)」の方が適しています。

部屋の照度は300~500ルクス

少し暗めの部屋でディスプレイ作業を行うと、疲れ目が起きにくいことが判っています。 厚生労働省が平成14年4月5日に発表した 「VDT作業における労働衛生管理のためのガイドライン」でも、 ディスプレイ面の照度は500ルクス以下が望ましいと報告されています。

目に優しい超低輝度モード

FlexScan S2433W-Hicon(一覧)」は3カンデラまで表示輝度が下げられる、 超低輝度モードが搭載されています。 このモードを使えば、照明をかなり落とした環境で明暗差が殆どない、 究極の目に優しいディスプレイ環境を作り出すことができます。 疲れ目の軽減と共に、長時間のパソコン作業が手に入ります。

関連記事

目に優しいパソコンモニター・液晶ディスプレイ目の疲れ対策・パソコンモニター編液晶フィルターで目を守る液晶保護フィルムを貼るLEDデスクライト

目に優しいFlexScanの低輝度モード” に対して 2 件のコメントがあります

この投稿はコメントできません。