LEDデスクライト

ちらつきのないLEDで疲れ目を予防

デスクライトは、目に近い位置で長い時間使用する照明です。 目に負担がかからないように、 優しい光源を採用したLED照明を選ぶようにします。 LED白熱電球蛍光灯に比べて発熱が少なく省電力になります。 ところが電源回路(整流器)が悪ければちらつきが発生しやすいという やっかいな特性があります。 家電-コラム-藤山哲人の実践! 家電ラボ-第2回:LED電球は「光がチラつく」ってホント? 疲れ目・眼精疲労にならないために、 ちらつきが発生していないか必ず確認します。

しっかりした作りの直流電源

電源回路がしっかりと設計さてれいて、 きれいな直流が出力されていれば、 LEDはちらつきません。 疲れ目・眼精疲労にならないためにも、 電源回路がしっかりと作製された 直流点灯のLEDデスクライトを選びます。

面発光はソフトな光で目に優しい

LEDは点光源なので、とても眩しいです。 そのまま照明として使うと、 グレアが発生して目が疲れます。 点光源であるLEDの欠点を補うのが面発光方式です。 面光源にすると、光が十分に拡散されて、ソフトな光となります。 眩しいグレアも少なくなり、目に優しいLEDデスクライトとなります。

目に優しいデスクライト一覧

関連記事

目に優しい照明LED照明のちらつき(フリッカー)眩しいLED電球

LEDデスクライト” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。