カシス(ブラックカラント・クロスグリ)

カシス(別名クロスグリ,英名ブラックカラント)とは、 ブルーベリーやイチゴといったベリー類の仲間です。 ぶどうの実を小さくしたような形をしています。 ブルーベリーと似た黒紫色の濃い色をした実のカシスの方が、 ブルーベリーよりも眼精疲労の改善効果が高いという研究結果が報告されています。 アントシアニンにも植物ごとにさまざまな種類があって、 それぞれの作用も異なっています。 ブルーベリーが眼の疲れに効く仕組みと、 カシスの疲れ目へに効く仕組みは異なっています。 カシスのアントシアニンには、末梢血管の血流を改善する作用があるために、 目の筋肉の緊張も緩和する効果が期待されています。 眼精疲労によるピントフリーズを抑制する効果がブルーベリーより高いようです。 カシスのアントシアニンを含み、ブルーベリーよりも眼精疲労の改善効果が あるといわれています。 抹消血流を活発にする働きにより、目の下の血流を良くしてクマを薄くし、肩こり、 冷えなどの改善効果が期待できます。 カシスの実にはえぐみがあるため、生で食べるよりジャムジュース カシス・リキュールなどに加工して食べるのが一般的です。 カシスに含まれるポリフェノールは熱に強いため、 加熱してもあまり効果に影響はないとみられています。 日本でも栽培されていますが、生産量の90%は青森県です。

関連記事

ブルーベリーの効果

カシス(ブラックカラント・クロスグリ)” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。