クロセチン

クロセチンとは

クロセチンは、クチナシの果実に含まれる天然色素で、 黄色の成分になります。 カロテノイドのひとつでβ-カロテンやルテインの仲間です。 スパイスとしても使用されています。 栗きんとんやたくあんの黄色はクロセチンの色です。

クロセチンの効果

クロセチンは、経口投与で肉体疲労を軽減する効果が確認されています。 目のピント合わせを行う筋肉の疲労によっておこる、 調節疲労に対する効果が研究機関で確認されてます。 理研ビタミン岐阜薬科大学との共同研究でクロセチンが光による眼の障害の抑制を 動物試験で確認したと発表しています。 抗酸化作用や抗炎症作用があり、フィトケミカルとして注目されてます。

クロセチンを含むサプリメント

ルテインビルベリーカシス抽出物、ビタミンB群を配合されています。

関連記事

ブルーベリーの効果ルテインの含有量