ブルーベリーの効果

昔から目に良いといわれるブルーベリーが疲れ目・眼精疲労に効果あるって ほんとなのでしょうか? なぜ目に効くとされるのかは、ブルーベリーにアントシアニンという成分が 含まれるからです。 ポリフェノールの一種のアントシアニンは、目の網膜内でロドプシンという物質の合成を促し、 血行を促進する効果がります。 このためにブルーベリーには、疲れ目や眼精疲労の回復が期待されているのです。 まだ研究段階ではありますが、アントシアニンが目の疲れに効果があることは、 世界的に認められつつります。 すでに欧米では、アントシアニンの医薬品化が実現しています。 ところが日本では、今のところ認可に向かう動きはないようです。 ところで植物は、動物と違って日陰に移動することはできません。 光合成で栄養であるでんぷんを作るには、日光に当たる場所で育つ必要があります。 アントシアニンとは、植物が紫外線などから身を守るために作り出した 天然の妙薬と言えます。 現段階では、まだ証明されていませんが、近い将来にブルーベリーに視力改善効果が 認められる可能性は高いのではと思っています。

関連記事

ルテインの含有量

ブルーベリーの効果” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。